お問合わせ
マンション
ギャラリー

STRUCTURE

構造

お客様の安心を最優先。
杭基礎調査もそのひとつです。

自然災害に負けない耐震スリット

建物を支える主要構造柱と非耐力壁との間には耐震スリットを設けています。地震によって構造体が揺れても、このスリットが縦・横・斜め・X型などのクラック(ひび割れ)の発生を抑えてくれます。

断熱性に優れた外壁構造

外壁は鉄筋コンクリートの打ち放しに、断熱材「発泡ウレタンフォーム」を厚さ30mm吹き付けています。さらにプラスターボードをGK工法の下地とし、ビニールクロス貼りの施工を採用。快適な室内温度を守り、冷暖房効果を高めます。

耐震スリット

新耐震基準をクリアした安心の住まい

すべてはご家族の安全と大切な資産を守るために。これまでも、そしてこれからも、建築基準法の新耐震基準に基づいたマンションをお届けして参ります。

ボイドスラブ構造では、コンクリート内を通るボイド型枠の空気が弾力材の役割を果たします。遮音性や断熱性、吸振性などに優れることが特徴です。このボイドスラブ構造と、遮音性や弾力性に優れる置床構造とを併用することで、高いレベルでの静音設計の住まいとなっています。

「グリーンヒルマンション」は、
テクノコンサルタントと協力して杭基礎を“見える化”する杭基礎品質調査を実施しています。
なぜ杭基礎品質調査が必要なのか。

お客様に安心してお求めいただける住まいをめざして、杭基礎品質調査を行っています。杭基礎は、地中深く数十~百m 以上にもおよび、目で確認することができません。そこで、グリーンヒルマンションでは、事前に見えない杭基礎を、高感度センサーとハンドハンマーなどを使い、その健全性を調査します。これは杭基礎施工後、建造物に着工する前に、マンション建設業者•設計事務所•杭基礎工事業者の立ち会いの元に実施されるもので、徹底したチェックを行い、完全な杭基礎が行われてるか等のトラブルを未然に回避することに寄与します。他社は設計図通りに杭工事を行い検査なしでも大丈夫と思ってますが、それではマ
ンション自体に影響を及ぼす恐れがあります。ベツダイは株式会社テクノコンサルタントと協力し、杭の深度や、杭内部の破損などを調査することで、長く安心して暮らせる確かな品質をチェック。先端技術証明を受けた信頼の技術を、お客様の安心安全のために活用しています。

目に見える「杭工事施工結果報告書」がある安心

お電話でのお問合せ
[営業時間]10:00〜18:00
[定休日]水曜日